継続成長する「 顧客開拓の戦略 」を提供します!

顧客開拓とは

まず、「なぜ顧客にふりまわされるのか?」について

こんな状況になっていると良く聞きますし、こんな提案を受けることも多いのが現状です。
「なんど提案しても納得いくプランにならない…」
「お客様の要望通りに提案しても変更が入ってしまう…」
なぜでしょう?

それは相手の理解が足りずに、商品やサービスを販売しようとしている結果です。
または、何を提案できずに顧客の求めることに、御用聞きとなってしまっていて、「仰っていただければ、何とかできます」と言っている結果です。
「何でもできますは、何もできません」と同じであると厳しい事を言う方もいます。

ビジネスの現場で、通常以上に一生懸命に努力しても、結果として努力の量を収益に反映できなければ、ビジネスモデルとして脆弱なものになります。
しかし一方では、普通に真面目に、ビジネスを行っているのに、利益率を確保しているビジネスモデルもあります。それは同じ業種内でも発生しています。

戦略の3要素は、「誰に」「何を」「どのように」です。
プランオンの顧客開拓では、「違いを創って、顧客とつなげる!」と言い換えます。
他社がやらないやり方で、顧客や市場に届けていけば大丈夫です。

目標設定から実行までの全体像

【目標設定から実行までの全体像】

顧客理解を高める

ビジネスするうえで、顧客理解が足りないと、商品・サービスを提案する際に受注率が悪くなります。
「顧客ニーズと自社の提供価値」の精度を合わせることが重要になります。

求められているニーズを把握し、自社の提供価値があったときや、その可能性を見出してもらったときに、反応がおきます。

しかし、イメージしにくいものでもあります。
自社評価でも良いので、数値で表し実施策の検討に活用します。実績=「お客様理解」×「自社の方向性精度」×「サービス対応精度」×「提案精度」を点数化し、どこが不足しているか見出し有効な施策を実行していきます。

顧客開拓の対象は「ペルソナ」

ビジネスには特徴が必要です。
しかし、今ある商品やサービスなど、機能的なものを大きく変えるには時間がかかります。
プランオンではペルソナを設定することを重要としています。
*ペルソナとはユーザー増を仮想の人物として定義したものです。

通常では、競合よりいい(Better)という相対的な価値を考えしまいます。上回れば自社で成約することが可能となります。しかし、相手がある場合は価格競争になってしまいます。最初から競争が前提なので、高収益にはなりません。
しかし、図のように顧客に対して、最良の(Best)のサービスを提供できれば、顧客の満足度は高まります。プランオンでは、プランニング事業を国産カーディーラーに絞り込むことで、他社よりも優位なポジションをとっていきます。
一般的に、「市場開拓」と言う言葉があります。対象エリアを広げていくことや、対象市場を創り出していく意味になります。
プランオンでは、顧客に対して、最良(Best)の商品・サービスを提供することが、中小企業においての戦略としては、費用対効果が高いと考えています。

ペルソナを設定する意味

【ペルソナを設定する意味】

リピートまでをビジネスプロセスで考える

プランオンでは、「なぜリピートが大事なのか?」と「開拓」とは似た認識をもっています。
*開拓とは、荒れ地を整備し、田畑にし、毎年食料を収穫できるようにすることです。

新規集客ばかりのビスネスは狩猟型、顧客獲得費用が発生せずに、成約を頂けるビジネスを農耕型と言い換えることができます。
プランオンでは、戦略を立てる段階でリピートまでを想定して、ビジネスプロセスを考えます。

それは、
「今月は、大きな注文がないので、ちょっと実績悪いです・・・。」
「今月は、見込み客が少ないです・・・。どうしよう・・・。」
という現場の声を聞きたくないからです。

定期的な受注活動は理想的です。
競争のない受注活動はストレスを軽減できます。
働き方改革など、社員雇用の在り方が変えなければいけない時代です。
十人十色から一人十色の時代に変わっている時代です。

中小企業が使える費用は限られています。
「よく分かっているね~」という状況を作っていくことで、成約率高まり高収益を実現できる「顧客開拓」が必要です

ビジネスプロセス

【ビジネスプロセス】

今は、正しいマーケティングのやり方が求められています。それは、施策の量と質(率)をうまく組み合わせて実行していくことです。
そんななか、ウェブは数値が取れ、改善を実行していけば、必ず良くなるからです。
ウェブは必ず成功できる手段と自分は考えています。
現在は、ウェブで情報取得をする人が、50%もいると言われている状況なので、有効な「顧客開拓のビジネスプロセス」を構築しましょう。

  1. web活用

    ウェブサイト現状診断の具体策
  2. リピート客向け

    販促効果を高める具体策
  3. お知らせ

    戦略的なウェブサイト構築の具体策
  4. 新規客向け

    営業手法改善の具体策
  5. web活用

    戦略的なウェブマーケティング具体策
PAGE TOP