継続成長する「 顧客開拓の戦略 」を提供します!

顧客開拓ノウハウ

英会話教室の顧客開拓

顧客開拓はやり方を変えることが大切です

ビジネスとしては、小さいある英語教室の話になりますが、顧客開拓の費用対効果が高い事例です。

ある日、こんな相談を受けました。

「服部さん 広告って作れますか?チラシを作りたいんですが・・・。」
「折り込み料金込みで、予算10万円で・・・。」
「今まで、チラシで1件も問い合わせはないんですが・・・。」
「でも、4月からのレッスン生を獲得したいし・・・。」

自分は、英語教室の顧客開拓の経験が無く、ターゲット層のどこがポイントであるか分からない状況でした。
「では、まずホームページ作りましょう。」
「そして対象顧客のニーズや反応を把握して、対策を検討しましょう。」と提案しました。
グーグルのビジネスオンラインというサービスがあったので、低コストでサイトを作りました。

分析の設計が重要です

どういったニーズや属性があるのかなという事で、ビジネスの規模も考え、「幼児」、「小学校低学年」、「小学校高学年」でサイトカテゴリーを形成して、アクセス量の多い、属性からサイト改善を実行し、反応を高めていこうと考えていきました。

そうすると、半年後からサイト経由の申し込みで、月に幼児コース3件獲得することができました
アクセス分析すると、「幼児コース」が一番人気のコンテンツで、「教室体験」も閲覧が多い状況でした。メインターゲットを幼児コースに絞っていくことで、費用対効果を高めていけると想定できました。

顧客開拓の実績

立ち上げ当初の、サイト実績と費用
・12月1日にサイトアップ! 自分で制作するので初期費用0円
・集客は地域SEOのみでそれ以外は一切やらない。
・サイト運営の経費は、月々1,500円で年間18,000円必要となります。
・獲得レッスン料は、一人月々5,000円として、年間60,000円×3人で合計180,000円となります。小学6年まで継続したら1,620,000円の収益となり、費用対効果は高くなります。

顧客開拓の展開

ビジネスの継続性や英語教室を選択する人の、ウェブの関わりを考えると、英語という商品購入に一番不安のある、幼児コースを重視していき、どんどん改善を実施していきました。
さらにこちらの講師の素晴らしかったところは、自身で市役所にいき、保育園前でチラシを配るにはどうしたらいいかを確認して、メディアミックスを行っていました。
まさに、有効なタッチポイントを増やす施策です。
保育園前でDHなんて、「大手英語教室」は実施しません。
ゲリラ的活動ですが、成果を出すことが大切です。ウェブだけで業績アップできればいいのですが、地域ビジネスでは、自社ウェブのみでは成果は出しにくいです。

・そんなことできるのかな?
・そんなにうまくいくのかな?
・難しいそうだな?、大変そうだな?
自分がボトルネックになっていて、行動できない、会社や担当者がたくさんいます。

自社に「顧客開拓力」をつければ、店舗展開のビジネス成長の可能性も広がっていきます。
この英語教室は、顧客開拓力をつけているので、他地域でも教室を開講していっています。

関連記事

  1. 顧客開拓ノウハウ

    選ばれる「顧客開拓」

    記事の要約 「すべての人」に選ばれるようにしていませんか?…

  2. 顧客開拓ノウハウ

    ビジネス成長まえに商標を抑えていますか?

    記事の要約 ビジネス成長を大まかに捉えると分からないが、詳細…

  3. 顧客開拓ノウハウ

    企業ブランド向上に必要なこと

    中小企業において、ブランド感がある企業は、「顧客」「仕入先」「情報…

  4. 顧客開拓ノウハウ

    地域NO.1 を目指していきたい

    地域ナンバーワンを目指して活動はされていますか?自…

  5. 顧客開拓ノウハウ

    どこから手をつければいいの?顧客開拓の改善順序

    マーケティング担当は、会社や店舗などから成果に対してのプレッシャー…

  6. 顧客開拓ノウハウ

    顧客開拓のリピート戦略

    なぜお客さまが自社から離れていくかご存知ですか?そ…

最近の記事

アーカイブ

ランキング

  1. web活用

    戦略的なウェブマーケティング具体策
  2. お知らせ

    戦略的なウェブサイト構築の具体策
  3. 新規客向け

    営業手法改善の具体策
  4. リピート客向け

    販促効果を高める具体策
  5. web活用

    ウェブサイト現状診断の具体策
PAGE TOP