継続成長する「 顧客開拓の戦略 」を提供します!

web活用

ウェブサイト現状診断の具体策

自社ウェブサイトの現状を把握していますか?

aaa3d5db5501e7d79edbeabdb2e060db_s

自社のウェブサイトを作ったまま放置をしていませんか?
ウェブ担当者にすべて任せている、ウェブサイトを立ち上げてから報告を受けていない、振り返ってみればウェブサイトにどれだけの来訪者がきているのか把握できていない。など、ウェブサイトを立ち上げる事に満足してしまい、その後のサイト運営が業務として確立されていなければウェブによる多くのチャンスを逃している事になります。
ウェブサイト運営は、現状を知ることから始まり、様々な解析ツール・調査をしないといけません。

このような悩みを解決しよう

  • ウェブサイトの来訪者数や滞在時間などを知りたい。
  • ウェブ担当者を信じていないわけではないが第3者の意見を聴きたい。
  • 現状を把握したうえでウェブサイトや業務を改善していきたい。

解析ツールを有効に活用できていますか。

解析ツールにも自社サイトのページ内を解析するツールもあれば、自社サイトに訪問した法人や団体を解析できるツールもあります。これらを上手に活用することにより質の高い解析を行う事ができます。
ビジネスイメージ

一般ユーザーの視点で調査します。

第3者となる一般ユーザーの方に自社のウェブサイトを実際に閲覧してもらい調査をします。一般ユーザーの視点で調査することにより、実用的なウェブサイトに近づくヒントを得ることができます。

ウェブサイト現状把握(サイト診断)で実施すること

  • 課題ヒアリング
  • ウェブサイト状況確認
  • 閲覧者状況確認
  • 閲覧者ページ内行動状況確認
  • ウェブサイト状況分析
  • 閲覧者状況分析
  • 閲覧者ページ内行動状況分析
  • 一般ユーザー調査
  • ウェブ担当者教育

ウェブサイト現状把握のポイント

imasia_17130939_S

ウェブサイトの現状把握(サイト診断)の場合、課題ヒアリングから、ウェブ担当者教育までの工程となります。

ウェブサイトの状況や閲覧者の状況とページ内の行動を確認し、それに対しての分析も行います。さらに、一般ユーザー視点で調査することでより現実的な現状を把握します。今後も運営されるウェブサイトだからこそ、ウェブ担当者様を教育することでよりスピードの速いウェブサイト運営を求める要望も多いです。

ウェブサイトの現状把握(サイト診断)は、「課題ヒアリング」「状況確認」「状況分析」「一般ユーザー調査」などのワークを含みます。

関連記事

  1. web活用

    戦略的にウェブサイト構築をしましょう

    ウェブサイトの有効活用ができていますか?単純に自社…

  2. web活用

    戦略的なウェブマーケティング具体策

    Webにいるユーザーを集客しませんか?営業手法を変…

最近の記事

アーカイブ

ランキング

  1. 新規客向け

    営業手法改善の具体策
  2. リピート客向け

    販促効果を高める具体策
  3. web活用

    戦略的なウェブマーケティング具体策
  4. web活用

    ウェブサイト現状診断の具体策
  5. お知らせ

    戦略的なウェブサイト構築の具体策
PAGE TOP